稲石建築さん(豊川)

皆様こんにちはMKWOODWORKS村田です。今回は稲石建築さんに墨付け、刻み仕事のお手伝いに行ってきました。

墨付け、刻みとは大工が木材を組み合わせる為の目印をつけ、その目印に合わせて加工することです。

今では職人が手で刻む事は残念ながらほとんどありません。今ではプレカットという機械加工がほとんどです。

稲石建築さんでは今回地松(じまつ、国産材の赤松や、黒松)の丸太から刻みます。今の時代に手刻みで家を建てるのは大変珍しく厳しい修行と経験のある大工だけが成し得る凄技と言えるでしょう。

そんな今では大変珍しい刻み仕事と組み合わさった丸太を一部紹介します。

一本物の地松の梁や中桁に桟、私も久々だったので気合いが入りました!

写っているのは稲石建築さんの凄腕大工さん達です!

見てくださいこの重厚な木組み素晴らしいですね。無事に上棟出来ました。

東西45度に走る隅梁これが組めるのはスーパー大工だけです!

稲石建築さん大変貴重なお仕事に関わらせて頂きありがとうござました。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
お見積もりは無料!
お気軽にご相談ください。